身体がだるい!PMSの倦怠感や疲労感の改善方法

女性の体はとても厄介なもので、生理前になると倦怠感と疲労感を味わうと言う人が多いようです。しかしこの症状もPMSの1つとして考えられていますので、それなりに原因もありますし、改善策も考えられています。

気だるくなってしまい、生理前が辛いと言う女性は倦怠感と疲労感を取り除くべく、原因と改善方法をチェックしていってくださいね。

倦怠感と疲労感の原因

プロゲステロンが作用

PMSの身体的症状の原因としてよく出てくる「プロゲステロン」ですが、やはり倦怠感と疲労感にも関係しています。プロゲステロンは排卵をした後というのは、とても多く分泌されるようになります。そして女性の体と言うのは、排卵が終わると「卵子が受精出来る環境」を整えようとするので、妊娠に備えて安静にするように命令をするのです。

こうなると、現実的に妊娠の可能性は全然ない人でも、体が妊娠に備えてしまうので勝手に安静モードに入ってしまうのです。すると体を労わる為に、少し動いただけでも休ませようという作用が働いて、すぐに疲れとして現れてしまいます。この状況が、倦怠感や疲労感という症状として出てくるものなのです。

主な対処法

体の中で勝手に指示が下ってしまい、倦怠感や疲労感を味わう事になってしまっていますから、無理をするのは禁物です。体が疲れやすい時期だという事を理解すれば、その体調に合わせた行動を取れるようになります。

仕事をしている人などで、あまり休む時間が無いと言う場合には、疲労が蓄積されてしまい、普段の倍以上の疲労感を味わう事もあります。そういった環境にいる方は、とにかくPMSの時期だから出来ることはココまで!と、区切りを付けられるように努力をしてみてください。

それでもやはり普段通り動かなければならないという人は、リフレッシュできる時間を少しでも作ってみてください。そして帰宅したら、出来るだけ早く寝るまでの準備を整えて、十分な睡眠をとるようにしてください。

PMSの症状だという事を理解できれば、それだけでも倦怠感はあと少しで終わる!と思えますので、原因をしっかりと把握しておきましょう。

このページの先頭へ