PMSによる異常な眠気や不眠症状の改善方法

生理前になると、とんでもない眠気に襲われる人がいます。逆に夜になると眠れなくなり不眠状態になる人もいます。これらはPMSの症状として多くの女性が体感しているものになります。眠りに関する症状は日常生活に支障をきたすこともありますので、とても辛いものです。

そこで、眠たくて仕方がない人・不眠になってしまった人へ向けて、PMSの眠りに関する症状の対処法をこれからご紹介していきたいと思います。その原因と共にみていきましょう!

睡眠障害が起こる原因

眠たくてたまらない

眠気が酷過ぎて動くことがままならない場合や、眠気のせいで頭がボーっとしてしまうと言う症状が出てくることがあります。これらの原因は、黄体ホルモンである「プロゲステロン」によるものだと考えられています。

生理前というのは、血中のプロゲステロンの濃度がとても高くなります。プロゲステロンは人間の体温を上げるという作用があり、生理前の体温は普段よりも高めになっていますので、最高体温と最低体温の差がとても小さなものになります。

人間は体温が低くなると眠気を感じるようになるのですが、プロゲステロンの血中濃度が高い時期というのは体温の差も少ないので結果的に、体温が下がっているような状態を引き起こしています。

このようなことから、眠っている状態と覚醒した状態の差というものも、小さな差になってしまっているので、いつでも眠い状態が続いてしまうのです。

不眠症状

卵胞ホルモンである「エストロゲン」という物質が、生理前になると減少していきます。エストロゲンは脳内物質である「セロトニン」にも作用して、同じく減少状態にしてしまうのです。セロトニンが減少すると、眠気を促すためのメラトニンが上手く生成されなくなってしまいます。

つまり、エストロゲンからセロトニンへの影響があり、そのままメラトニンまでもが影響を受けてしまう事で、眠る環境が脳内で作られなくなってしまうのです。日中と同じように、いつまでも覚醒した状態が続くので、夜眠れないという不眠症状が出てくるようになります。

ちなみに、人によって眠気が酷いという症状が出る場合と、不眠という症状が出る場合があります。さらに夜眠れなくなり、日中とても眠くなってしまうという人も居るのですが、こういった場合には昼夜逆転生活になってしまいます。

主な対処法

眠気への対処

日中の凄まじい眠気というのは、実は夜あまり寝付けないという人が感じるというデータがあります。そういった場合には、夜しっかりと眠りにつけるような環境を作ってあげることが重要になります。

例えば、寝る1時間前にはテレビや携帯を見ないようにすることや、寝る直前に食べ物を食べたり、お風呂に入ったりしないようにすることです。こういったことでも、質の良い眠りを得るための環境づくりに大いに効果がありますので、試してみましょう。

夜しっかり寝ていても、日中の眠気が酷いと言う場合には、絶対に起きると言う前提で10分~15分の仮眠を取ってみましょう。しかし夕方の5時以降に仮眠を取ると夜眠れなくなるので、気を付けてください。

不眠への対処

眠気への対処と同じく、質の良い眠りを得るための環境づくりをする事がまず1つです。その他に、日中出来ることとして「太陽の光を浴びる」ようにしてください。

眠る為に必要なセロトニンをしっかりと生成して、働かせるには太陽光を浴びるのが効果的なのです。さらに言えば、規則正しい生活を送るようにしてもらえるとより一層効果が出るでしょう。

適度に日中の運動をする事も重要なことで、体に良い刺激が加わりますので、寝つきが良くなります。不眠というのは生活リズムを整えるだけでも改善の見込みがあるのですが、どうしても改善出来ないと言う場合には、病院で診察を受けるようにしてください。

このページの先頭へ