PMSの下腹部の痛みや張り、不快感への対処法

PMSの症状の中に下腹部の違和感や不快感というものがあります。痛みが出る事もあれば、なんとなく重たい感じがするという事もありますし、腰回りにもその症状が広がる事があります。

生理痛の時に下腹部に違和感や痛みが出ることがありますが、そういった症状に似ている感覚を味わうという意見が多いです。

それでは、この下腹部の不快感は何が原因になっているのか詳しくみていきましょう。

下腹部の違和感と不快感の原因

子宮が収縮する

生理の前になると「プロスタグランジン」というホルモンがとても多く分泌されるようになります。

プロスタグランジンは子宮に対して収縮作用を持っているので、子宮が収縮されたときに周りにある筋肉が引きつってしまい、神経に刺激が加わります。これがいわゆる下腹部の痛みに繋がっていきます。

子宮の血行不良

プロスタグランジンが分泌されて子宮が収縮するのですが、生理前にはその他に大量の血液が子宮に送り込まれていくと言う現象が起こります。すると子宮は収縮しているのに、子宮の血管にはたくさんの血液が流れてくるので、血管がしまってしまいます。

この状態が子宮の血行不良という状態で、下腹部に重たさを感じたりする原因となっています。

主な対処法

下腹部を温める

体を温めていくと、血流が促されていき筋肉もほぐされますので、下腹部や腰回りの痛みなどが改善されていきます。下腹部や腰にカイロを貼るという対処や、お風呂の時間には湯船にしっかり浸かるなどの対処法をお勧めします。

鎮痛剤の服用

生理痛の鎮痛剤というものが販売されていますが、こういった鎮痛剤には「プロスタグランジン」の働きを抑制する作用があります。ですから下腹部に痛みを感じる場合には、我慢しないで薬に頼るのも1つの改善方法になります。

市販されているものでも構いませんし、婦人科へ行って処方してもらうのもいいでしょう。

骨盤体操

骨盤が歪んでいると、腰回りの血流が悪くなってしまいますので、生理前の下腹部症状が悪化する事があります。

そういったことから、体に負担がかからない程度に骨盤体操をするのもお勧めです。骨盤の歪みが解消できれば、下腹部症状も次第に改善されていく事でしょう。

このページの先頭へ