タイプ別にみるPMSの症状と酷い時の対処法

PMSの症状に悩んでいる人が取るべき対処法がいくつかあります。まずは自身がPMSなのかどうかをチェックしてみましょう!

その結果によって、どういった対処法が必要になるのかが分かります。自分の状態ををしっかりと把握している状態で、どのようなケアが適切なのかを確認してみてください。

タイプ別にみる対処法

身体的症状への対処

もしもあなたが身体的なPMSの症状に悩まされているのであれば、適度な運動やバランスの取れた食生活を心がけると良いでしょう。(身体的症状というのは、頭痛・吐き気・倦怠感・下腹部痛・腰痛・むくみ・便秘や下痢など体に現れる不調です。)

適度な運動で体を動かすことにより血流が良くなりますので、自律神経のバランスも整っていきます。すると体のむくみが解消されますし、その他の不調に対しても良い影響を与えます。

また、バランスの良い食生活を送る事で、必要不可欠な栄養素を摂取できますから、体が健康になっていき元気になります。腸の環境もよくなるので便秘や下痢に悩まされることも減るでしょう。

精神的症状への対処

精神的な症状が多いあなたは、憂鬱な気分や不安な気分で過ごす事が多くなっているのではないかと思います。PMSがホルモンバランスによるものだと言う認識をすることで、その不安感なども原因があると分かり、それだけで精神的症状が緩和されることがあります。

その他には、意識的にリラックスする時間を作るようにする事もお勧めです。いつも忙しく生活している人は特にリラックスをして、気を抜く時間を作るようにしましょう。それだけでも、だいぶ楽になってくる事があります。

止められない行動への対処

暴力的になったり、感情をコントロールできないというPMS症状が出ている場合には、とにもかくにもストレスを溜めないようにするのが重要になります。

さらに言えば、質の良い睡眠がとれるようになると理想的です。しっかりと6時間以上は睡眠時間を取るようにして、ストレスも発散できるように工夫して生活を送れるとPMS症状を緩和出来るでしょう。

症状が酷い時の対処法

PMSというのは人それぞれに症状が異なりますし、その状態にも違いがあります。軽度な人もあれば、酷い症状に悩まされているという人も居ます。

ここでは、どうしても我慢できないほどに辛く酷い症状が出てくるという場合に、どういった対処をすればいいのか、ご紹介していきます。

婦人科を受診する

PMSの症状を診てもらう事が出来る「婦人科」を受診して、専門的な意見を聞くと言う方法があります。日常生活をまともに送ることが出来ない位に酷い症状の場合、婦人科で相談をする事をお勧めします。

血液検査や婦人科系の病気が無いかどうかのチェックなども出来ますので、改めて何をして改善が出来るのかという部分を、しっかりと話合う事が出来るでしょう。

心療内科を受診する

婦人科だけではなく、精神的な症状が特に気になる場合には「心療内科」への受診も役に立ちます。心理療法を行う事によって緩和する事が多いので、不安や憂鬱な気分が酷いという場合にはこういった選択肢があると言うことを思い出してみてください。

アロマや漢方を活用する

PMSの症状を緩和する事が出来ると考えられているアロマオイルを使って、脳に刺激を与えていく方法があります。アロマオイルは焚いて香を楽しむのもいいですし、マッサージに活用するのもいいでしょう。

お風呂に入れてリラックスタイムを作るのもお勧めですし、寝る前に寝室に香をまくのも心地よいですよ。専門的なサロンなどで施術をしてもらうのも自身では出来ないプロの技を体験できるので、効果も一層の期待ができます。

漢方薬にもPMS症状を緩和させる効果があります。とても種類が多いので、自身に合ったものを、しっかりとした知識を持った専門の方に調合してもらうようにしましょう。長く続けることによってPMSへの効果だけではなく、普段の体の状態も健康になっていくと言う良さがあります。

このページの先頭へ