PMSの危険度を確認!簡易セルフチェックリスト

もしかしたらPMSかもしれない・・・。そんな不安を抱いているのであれば、まずは簡単なセルフチェックをしてみませんか?

病気というわけではないので、自分自身にどのような症状が現れているかをチェックすることで、おおよその見当をつける事ができます。いまから身体的な症状、精神的な症状、現れる行動を紹介していきますので、どれだけ当てはまるかチェックしてみましょう!

当てはまるものにチェック!(生理2週間前~生理開始までの症状)

身体的症状

  • 手足のむくみがある
  • 乳房の痛み(ハリ)
  • 吹き出物や肌トラブル
  • 眠すぎるまたは不眠
  • 倦怠感や疲労感がとれない
  • 下痢または便秘になる
  • 腰痛が出てくる
  • 吐き気や悪心
  • 下腹部が痛む(卵巣や子宮あたり)
  • 頭痛がする頭が重い
  • □肩こりがある

精神的症状

  • 無気力
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 涙が出るようになる
  • 不安感がある(漠然とした不安)
  • すぐ落ち込むようになる
  • 緊張する事が増える
  • 孤独だと感じるようになる
  • 人と会う事が億劫になる
  • マイナス思考でクヨクヨする
  • 女の人って嫌だなと感じる

行動パターン

  • 集中力がなくなってしまう
  • 暴力的になる
  • 運動をするのが面倒になる
  • 物忘れが増えてきた
  • 物事に対して失敗する事が増えた
  • 性欲が増えるまたは減る
  • 食欲が増えるまたは減る
  • 衝動買いをしてしまう
  • 人やモノに八つ当たりする
  • 感情の起伏が激しい

以上がチェック項目になります。

簡易的な診断結果

1つのカテゴリーで10項目ありますが、6個以上当てはまる項目があった場合には、そのカテゴリーでPMS症状を感じているという事になります。3つのカテゴリーで全て6個以上当てはまっていると言う場合には、PMSになっている可能性がかなり高いと言えます。

自分の抱えている症状はPMSかもしれないという事が分かっただけでも、少しホッとしたという人も居るでしょう。それでも症状がかなり厳しいという場合には、自己解決するのは難しいかもしれませんので、専門の医療機関で診察を受けてみるのも1つの手だと思います。

このページの先頭へ