PMSの症状・対処法のリアルな声を紹介

生理の前になると体調が悪くなる・・・。それは、PMS(月経前症候群)による不快な症状が出ているからでしょう。

実に女性の90%の方がこの不快な症状を経験したことがある、悩んでいるというデータがあります。つまり、ほとんどの女性が自分と同じように、生理前に体調がおかしくなっていると考えていいでしょう。

そこで、多くの女性達が経験してきたPMS症状の中で、どういった症状に悩まされているのか、どんな対処法を実際に行っているのか、リアルな声をまとめてみました!是非とも自分の経験と比較しながら、同じ気持ちを共有してみてください。

悩んでいる人が一番多い症状って?

女性が経験してきた生理前の不調の中で、最も多かった答えが「精神的な不安感情」でした。

何とも言えない不安感や、漠然とした不安感が襲ってくるというものです。その感じ方は「本当に微量でなんとなく」と言う人も居れば、「結構ヘビーにのしかかってくる」という人もいます。

症状の度合いは異なっても、精神的な不安を感じている人が多いと言うことは、自分だけが陥っている症状ではないと考えると、少しホッとしませんか?

その他に多い症状について

精神的な不安感の次に多いのが「倦怠感」「疲労感」「肌トラブル」「乳房の痛み」があります。倦怠感や疲労感は生理前だから感じているのか、普段から忙しいからなのか分からないと言う人もいるのですが、生理前に特に感じると言う声が多いようですね。

そしてホルモンのバランスが乱れることから、肌トラブルが引き起こされてしまい、吹き出物に悩まされることが多いと言う声があります。

また、乳房が痛むという症状が出る人も多く、PMSを知らない人は「乳がん」かもしれない?と疑問を持つ事もあるようですね。多くの場合はPMSの症状として出てくることがありますが、シコリがある場合などは本当に乳がんを疑う必要もあるので、専門の医療機関で検査をしてもらうのもいいでしょう。

みんなの対処の仕方

PMSの原因がホルモンバランスなどからくるものと分かった人は、出来るだけ気にしないようにするという対処法を取る事が多いようです。気にしていても生理がくれば治まるという事が分かると、その症状が危険なものだと言う意識がなくなるので、ドンと構えていられるという事ですね。

気分が落ち込む時などは、リラックスできる環境をつくり、ストレスを発散できるように過ごすという人が多いです。他にも自分の好きな事に没頭する、好きな音楽で癒される、という声もあります。

自虐的に「これは仕方がない事だ」と言い聞かせて乗り切るという人もいました。自分で工夫することで症状の緩和になる事は、なんでもやってみるというのが世の中の女性のリアルな意見なのではないでしょうか。

このページの先頭へ